本家柴藤について

ご挨拶

八代将軍 吉宗が愛した鰻の老舗
将軍家に川魚を献上した時代から300年。鰻料理を始めて現在15代目でございます。
桂 春団治の落語の中にも柴藤の鰻一節があり、当時の美食家が通う店の一つとして取り上げられています。
~上方落語「うなぎや」より一節~
「おかしぃなあ」思たら今度〈井筒〉の前通り掛かったんで
「イヨッ、今日はうどんで一杯呑ましてくれる、うどんで一杯ちゅうのんも洒落たぁるわい」思てたらね
〈井筒〉の前も知らぁん顔して通り過ぎよんねんで。
今度〈柴藤〉の前通り掛かったんで、「イヨッ、上等のウナギ張り込んでくれよるねん、ありがたいなぁ」思てたらね
(以下省略)
初代治兵衛氏が始めた川魚商から始まり、御拝領の屋形船から土佐堀、淀屋橋、今の高麗橋へとお店は時代とともに移りましたが 細々と続けられているのも、いろんな方々の“おかげ”と感謝しております。
何卒御贔屓の程よろしくお願い致します。

本家柴藤の歴史

本家柴藤は享保年間創業
鰻及び日本料理の老舗

創業享保年間  上方鰻の老舗・本家柴藤。
創業者は将軍家に魚を献上する川魚商を営み、八代将軍 吉宗からの勧めで料理屋「柴藤」を大阪城付近で開業したのが始まりと伝わっています。
川の多い大阪の町では、屋形船でおいしい料理を楽しむのは風流とされ、とても繁盛しました。
しかし、それでも創業者はうなぎの美味しい食べ方を研究し、名高い「間蒸し」を考案しました。
間蒸しとは、ご飯とご飯の間にうなぎを挟んで蒸すもので「ご飯の間(ま)で蒸す」というのが語源といわれています。
まぶす(混ぜるということ)が言いにくいので、いつの間にか「まむし」と 言うようになったという説もあります。)
柴藤の大阪まむしは代々伝えられた上方鰻の代表として、全国の皆様に愛されてきました。

北浜・高麗橋の見所

本家柴藤のある大阪高麗橋は江戸時代より由緒ある地として知られているほか、以下の見所も
是非、当店へお立ち寄りの際は訪れてみてはいかがでしょうか。

大阪市立東洋陶磁美術館

大阪市立東洋陶磁美術館 大阪市立東洋陶磁美術館は、大阪府大阪市北区中之島一丁目にある美術館。
住友グループから寄贈された安宅コレクションと呼ばれる東洋陶磁コレクションを核として1982年に設立。

湯木美術館

湯木美術館 湯木美術館は、大阪府大阪市にある美術館。
日本料理店「吉兆」創業者・湯木貞一が収集した茶道具を中心とする美術工芸品の収蔵、展示を主たる目的として、1987年に開館した。
テーマを設けての企画展覧会を春季と秋季の年2回開催している。

適塾

大阪国立美術館 大阪国立美術館は、大阪市北区中之島にある、独立行政法人国立美術館が管轄する美術館である。
収蔵品は第二次世界大戦以後の国内外の現代美術が中心だが、現代美術以外の企画展なども開催している。

適塾

適塾 蘭学者緒方洪庵(1810~1863)が、53歳で江戸幕府奥医師に迎えられるまでの間、蘭学、医学を教えていた大阪の学塾です。
緒方洪庵は幕末から明治維新にかけて活躍した人材を多く輩出し、現在の大阪大学の源流の1つとなったといいます。

ご予約はこちらからどうぞ