味へのこだわり

味へのこだわり

うなぎの仕入れ

うなぎ

昔と違って”産地うんぬん”ではなく、今日はどの産の鰻が“うまい”かで仕入れています。
鰻の良さは蒲焼にしてはじめて解るものであり、市場にて卸業者との長年の信頼と料理人の経験で一匹一匹を目利きしております。

さばき、焼き

さばき、焼き-写真

日々精進、サキ三年、クシ八年、焼き一生という言葉通りカバヤキは素人の手におえるものではありません。
鰻一匹一匹を手の甲で鰻の加減、質を肌で感じながら備長炭の位置、火加減を調節しながら大事に丁寧に焼き上げるのが上方鰻のいいところです。
(どれだけ手早く包丁で裁き、串うちをするか、その仕事次第で焼き易いかが問われます)

タレ

タレ-写真

本たまり、本味醂、灘の酒。創業以来の製法を守り続けたタレも生き物です。
微妙に異なる毎日の味の変化。鰻とあわせる事ではじめて柴藤の味となります。

美味しさの秘訣

美味しさ

美味しさ-写真

店主といたしましては、焼きたての鰻・炊きたての御飯・タレの管理その他何一つ欠けても、御客様に“おいしかった”と満足していただけないと考えておりますので、今日も一日料理場で精一杯努めさせていただいております。

おもてなし

おもてなし-写真

自慢できるようなおもてなしは、なかなかできませんが柴藤では、狭いながらもゆったりとした気分でお料理を楽しんでいただける事を常に心がけております。

おすすめ

大阪まむし

大阪まむし

鰻にタレを付け焼きして仕上げる蒲焼に、勝るものはなしと思います。
焼きたての蒲焼と、炊きたての白いごはん。
ごはんとごはんの間に蒲焼を入れて昔ながらの大阪の【間蒸し】
(※まむし、あいだむすとも言います)を召し上がれ。
(現在はごはんの間に小2切れ、上に大3~4切れのせてあります。)
当店のお客様の七割が大阪まむしをご注文されています。
※上の写真は「大阪まむし(蘭)」でございます。

柴藤流おひつまむし

柴藤流おひつまむし

以前柴藤では、鰻茶漬けとしてお出ししておりました。
ごはんの上に蒲焼を小さめに切ってのせ、わさび又はしょうが、
きざみねぎ、もみのりをのせ、大阪風だし味で ぶぶ漬けにして食しておりました。
現在はわさび、きざみねぎ、もみのり、大阪風だしでお召し上がり頂いております。
※右の写真は「柴藤流おひつまむし(A)」でございます。

ご予約はこちらからどうぞ